商品一覧

(お知らせ)7月2日「あんずまつり」が有ります

7月2日10:00~15:00あんずまつりを開催します。当日はあんずの本場千曲市森地区からの出張販売が有ります。あんずの予約も承ります。予約の受付は6月30日まで。0267-53-5811(fax兼)こまがたまで

森地区のあんず畑の様子です。

 

2016年06月19日

(報告)「かまど」でおいしくご飯が炊けました。

こまがた直売所ではいろいろな体験が出来ます。さる6月13日には昔ながらの「かまど」でご飯を炊いて食べる体験会を行いました。       昔ながらの方法で炊いたご飯に参加者からは「うまい」の声が

 

2016年06月19日

こまがた直売所

こまがた直売所のホームページを開設しました。商品の入荷状況や、催し物のお知らせ、こまがた直売所での催しの報告などの情報を載せていきます。今後ともよろしくおねがい致します。トップページはここから

 

2016年06月16日

桑の実

いまでは珍しくなった桑の実です。こまがた直売所駐車場脇で見ることができます。

 

2016年06月27日

「もう中学生」こまがた直売所に取材に、今話題の「おなっとう」SBC3時はらららで放送されます。(詳しくはここをクリック)

今話題の糀パワー、郷土食「おなっとう」がSBC3時はらららで紹介されます。長野の人気芸人「もう中学生」さんがこまがた直売所をおとずれ併設の「味処こまがた」の土屋しのぶさんから、糀パワーの魅力につて紹介してもらいます。放送時間は13日(水)の予定ですが、確定し次第またホームページでお知らせします。

長野の人気お笑い芸人「もう中学生」さん「味処こまがた」の地元産の食材にこの笑顔

「味処こまがた」の土屋しのぶさんから糀パワーの取材中

 

 

 

 

 

ガラスの器が今話題の「おなっとう」・・・詳しくはONエアーで

 

2016年07月09日

SBC信越放送で「味処こまがた」の「おなっとう」紹介される。(詳しくはここをクリック)

麹から作られる甘酒は「飲む点滴」といわれるくらい栄養価が高く、また様々な健康効果も有ることが知られています。

その麹から出来た佐久地方の郷土食「おなっとう」、味処こまがたでは「姫のデザート」として提供しています。

今日はその「おなっとう」を、もう中学生さんと実際に作る様子が紹介されました。

 「味処こまが」では「おなっとう」を「姫のデザート」として提供しています。たみなさんも一度是非ご賞味ください。

番組では、要予約と紹介しましたが、しばらくはいつでも提供出来るよう作っておきますので是非一度召し上がってみてください。

自分で「おなっとう」を作って見たい方はレシピを紹介しています。(レシピはこちらから)

 

 

2016年07月13日

こまがた料理教室、今回はパン作りに挑戦(詳しくはここをクリック)

こまがた直売所では、2ヶ月に一度料理教室を開催しています。

今回は、佐久市の佐藤珠美さんを講師に招き、地元産の食材を利用したパン作りでした。
佐藤珠美さんからのレポートです。 
「パン生地を発酵させている間に、参加者の皆さんと笹餅を作りました。
パンは長野県産の中力粉を使いました。中力粉、いわゆる地粉と言われている粉で
パン作りには適さないとされていますが、地産地消を掲げる、こまがた直売所の
ポリシーに従って、皆で作ってみました。地元の夏野菜をたっぷりのせて
ピザ風に仕上げました。皆さんの手際がよくて、ビックリ!でした。
チーズたっぷりのパンも作ってみました。
この他に、新玉ねぎのスープと新生姜を使ったジンジャーエールも作りました。
どれも今の時期ならではの味。
おしゃべりしながら、作って、飲んで、食べて・・、あっという間の楽しい料理教室でした。」

※こまがた直売所料理教室の今後の予定などは(ここをクリック)

 

笹持ち作りの様子

 

おいしいピザ風パンが出来ました

 

 

 

 

 

2016年07月16日

かまどの会開催(くわしくはここをクリック)

昔懐かしい「かまど」、やはり「かまど」で炊いたご飯は格別な味わいが有ります。最近の電気釜もこの「かまど」で炊いたご飯の味にいかに近づけるかを目標に開発されているといっても過言では無いでしょう。その「かまど」でご飯を炊き佐久の食を楽しむ会「かまどの会」がこまがた直売所で開かれています。今回はさる7月23日(土)に開かれました。

今回は、夏野菜をたっぷり添えたタモリカレーでした。暑い夏にはぴったりのカレーおいしく頂きました。こまがた直売所を訪れた人にもお裾分けしています。運がいいとゲット出来るかも。

 

昭和二、三十年代を思い起こさせる釜戸の火、赤々と。懐かしいですね。    子供たちも釜戸体験に訪れます。

はじめチョロチョロ、中パッパ・・・この強い火力は釜戸ならではですね

 


今回のメニューは「タモリカレー」

一升五合の釜戸ご飯と、深鍋いっぱいの、極美味タモリカレーができ上がりました。    キツネ色にこんがりと、香ばしいご飯のおこげもできました


タモリカレーを調理中。    カレー粉は、ナイル商会のインディラカレーを使用しました。


釜戸がある直売所の御休み処です。実際に釜戸を見ることができます。  お茶やお菓子が用意されています。ご自由にどうぞ!

2016年07月24日

8月1日お墓参りのお花沢山そろえています。(くわしくはここをクリック)

佐久地方では8月1日にお墓参りをする習慣が有ります。これは「戌の満水」と呼ばれる千曲川流域をおそった大洪水の犠牲者を慰霊するために伝わっている習慣だといわれています。

ちなみに「戌の満水」とは、ウィキペディアでは次のように書かれています。

「寛保2年が壬戌(みずのえいぬ)の年にあたるため、被害の大きかった千曲川流域では「戌の満水」と呼ぶ。
長野県佐久地域の千曲川流域では旧暦8月1日(1742年8月30日)の被害が特に大きく、200年以上を経過した現在でもお盆の墓参りとは別に、その犠牲者供養のため新暦の8月1日に墓参をする風習が残っており、かつてはこの日を特別の休日とする企業もあった。
その被害の大きさは、各地の伝承や文書記録、慰霊碑などによって伝えられているが、流域全体で2800人以上の死者を出し、田畑の流出も広範囲に渡る未曾有の大災害だった。
長野市の妙笑寺本堂の柱の記録を元に、長野市と周辺市町村の数カ所には洪水時の水位を示した洪水水位標が建てられている[1]。また、伝聞によれば、現在の立ヶ花水位観測点付近の水位は、36尺(10.9m)と推定されている。」くわしくはウィキペディアで


お花沢山用意しています。

2016年07月26日

今がおいしいトウモロコシ

トウモロコシ、等今が旬の夏野菜沢山有ります。

特にトウモロコシは人気で午前中には終わることが多いです。確実にゲットするには午前中がよいかも。

おいしい桃も有ります。

 

2016年08月15日

かまどの会、今回は秋の味覚秋刀魚(詳しくはここをクリック)

恒例のかまどの会が開かれました。

今回は秋の味覚秋刀魚

三陸直送さんま
  秋と云えば秋刀魚。本日のメインは、宮城県南三陸町直送の”お刺身用秋刀魚”です。
 長方形七輪に入れたかまどのオキ(おき火)で焼く”秋刀魚の塩焼き”、そしてタタキの
”なめろう”。 「うま~い まいう~」絶品でした。   

 

 


かまどの火吹き竹
  直売所の山から竹を伐ってきて、火吹き竹(写真中央)をこしらえました。
 かまどの火を自由に加減できます。美味しいご飯そしておこげ、あったか味噌汁が
 炊きあがりました。 


2016年09月19日

「浅蓼漬(センリョウヅケ)」今年もおいしく漬かりました(詳しくはここをクリック)

浅蓼漬け(センリョウヅケ)、瓜に、ニンジン、ショウガ、ミョウガを青じそで巻きつめ醤油で味付けした高級漬け物です。材料はすべて地元産です。(写真)コリコリとした食感がたまらない一品です。ごはんのお供にどうぞ


福神漬けもおいしく漬かっています。こちらもどうぞ
















2016年09月19日

秋の味覚続々、フナの甘露煮もあります

食欲の秋、味覚の秋到来です。こまがたにもリンゴ、プルーン、甘竜カボチャなど秋の味覚が続々入荷しています。是非お越しください。

フナの甘露煮も有ります。佐久地方では春田んぼにフナを放流し、秋の稲刈りの収穫前にそれをとり甘露煮にして食べる習慣が有ります。

今年も稲刈りを前にフナがとられ甘露煮に、ほんのりした苦みがたまりません。

 

 

2016年09月20日

「こまがた料理教室」のお知らせ(詳しくはここをクリック)

「こまがた料理教室」次回は10月21日(金)の予定です。

会場は:佐久市観音峯活性化センター 佐久市茂田井3393-1 今回の内容は「お煮かけうどん」「食用ホオズキのジャム」です。

定員は20名(先着順です)予約は0267-53-5811土屋まで

 

2016年10月01日

感謝祭のお知らせ(詳しくはここをクリック)

恒例のこまがた直売所「お客様感謝デー」今年も開催します。

日時は 11月19(土)、20(日)の二日間です。当日は1000円以上お買い上げの方に新鮮野菜のプレゼントが有ります。

20(日)には、かまど炊きおにぎり、豚汁のサービスがあります。

 

2016年10月16日

釜戸の会が開かれました。

〈 釜戸を守る少年 〉

今月の釜戸の会には6歳のS君も参加してくれました。
普段は都会暮らしのS君は里山で過ごす時間が楽しくて
仕方がない!といった様子でした。
ジイジが守る山から枝を拾ってきて、バアバが守る釜戸に投入。
皆が食事をしている間、釜戸の火を見守り続けたS君は
頼もしい少年の顔になっていました。


2016年11月01日

紅葉が見頃

こまがたの裏山も紅葉真っ盛りです。

2016年11月05日

一年お世話になりました。営業日のお知らせ

こまがた直売所、味処こまがたは年内の営業は12月30日までです。

1月中はお休みを頂きます。営業再開は平成29年(2017年)2月1日です。

本年一年間ご愛顧ありがとうございました。皆様よいお年をお迎えください。

 

2016年12月29日

ジビエ料理教室

こまがた直売所はお休みですが、臨時の料理教室がありました。
女神湖でペンションを営まれている渡部さんに講師をお願いして
立科町で捕獲された野生の鹿の肉を使った煮込み料理を教えて頂きました。
圧力鍋で1時間煮込んだ鹿肉は、柔らかくてクセもなく、とても食べやすい
優しい味に仕上がっていました。

次回のジビエ料理教室は4月20日を予定しています 。
興味のある方は、こまがた直売所にご連絡下さい。

℡0267-53-5811(fax兼)

2017年01月28日

営業再開のお知らせ

こまがた直売所、味処こまがたは1月中はお休みとさせて頂いていましたが、2月1日より営業を再開致します。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

季節がら生鮮野菜はあまりありませんが、乾燥野菜などあります。佐久地方は冬場気温が氷点下20度近くまで下がること、湿度が低いことから

保存食として乾燥野菜や寒ざらしというお菓子や、しみ豆腐といった保存食が作られてきました。今で言う「フリーズドドライ」食品が昔から作られていたわけですね。

2017年01月30日

豆まき休止のお知らせ

こまがた直売所では、毎年、節分の豆まきの行事を開催してきましたが、今年は都合により開催を休止致します。

今年は、3月5日(日)にひなまつりを企画しています。詳しくは後日お知らせします。

 

2017年01月30日

佐久市民の日協賛、お煮かけうどん390円

3月9日は3(サ)9(ク)の語呂合わせで、佐久市民のひとなっています。

味処こまがたでは、佐久市民の日協賛で、お煮かけうどん(そば)を390円で提供します。(1日10食を予定)

期間は3月9日(木)~3月15日です。(開催時間11:00から14:00)

 

2017年03月08日

ジビエ料理教室のお知らせ

4月20日(木)の料理教室は、鹿肉を使ったカツを作ります。

ご希望の方は前日までにこまがた直売所まで電話で申し込んでください。直売所0267-53-5811

2017年04月17日

ヤーコン、パセリの苗

佐久もだいぶ暖かな日が続く様になりました。

直売所の近くのソメイヨシノも開花しました。今週末は見頃だと思います。

春植えの苗もそろそろ出てきました。下仁田ネギの苗も近々入る予定です。

 

2017年04月18日

行者ニンニクの苗あります

山菜で有名なギョウジャニンニクの苗あります。

自宅で栽培してみてはいかがでしょうか?

2017年04月18日

お花市のお知らせ(詳しくはここをクリック)

8月1日のお墓参り用お花市7月30,31,8月1日 お花沢山そろえてお待ちしております。ひと束300円位で用意しています。

お盆のお花市(8月11日12日です)お盆のお花予約承ります。予約はこまがた直売所(0267-53-5811(fax兼)

 

2017年07月30日

桃、梨等秋の味覚順次入荷します。

本日入荷の桃(黄金桃)です。長野市の農家で発見された偶発生の品種です。来週当たりは梨が出てきます。どんな果物が出ているか一度寄って見てください。

2017年08月28日

お知らせ・・直売所は通常通り営業していますが、直売所併設の食堂は都合によりしばらくお休みします。詳しくははここをクリック)

日頃は味処こまがた(直売所併設食堂)をご愛顧頂きありがとうございます。味処こまがた(直売所併設食堂)は都合によりしばらくお休みを頂きます。

なお、直売所こまがた(農産物の販売所)は通常通り営業しております。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

2017年09月16日

「蒼山庵ブログ展 開催中」

「蒼山庵ブログ展 開催中」
・2017年10月2日(月)~10月31日(火)
 期間内無休 入場無料
・信州の四季を「写真・文」で綴ったブログ『信州・浅間山麓から』の
 掲載記事より20点を展示

2017年10月07日

秋の味覚

10月21日の店内の様子です。

近くの紅葉はこんな感じ。

 

2017年10月22日